ドメーヌアラリーオーブリオン 2010 Domaine Allary Haut Brion 豊富な,最新作

Vintage2010年生産国フランス/ボルドー/ペサック・レオニャン生産者アラリー家品 種カベルネ・フラン60% カベルネ・ソーヴィニヨン40%タイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 「ドメーヌ・アラリー・オー・ブリオン」 メドック格付け第1級シャトー・オー・ブリオンとその兄弟にして最大のライバル、シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン。ペサック・レオニャンに位置するこの偉大なる2つのシャトーに挟まれるように存在する、小さなワイナリーがあります。 それが ドメーヌ・アラリー・オー・ブリオン です。敷地は僅か1.3ヘクタール 初の正式なリリースは2008年 という、知る人ぞ知る隠れたドメーヌです。 アラリー家は、シャトー・オー・ブリオンと隣接する畑を1918年から所有していました。そして第二次世界大戦後、シャトー・オー・ブリオンと協定を結び、アラリー家所有の区画から獲れたブドウを用いてオー・ブリオンを生産することになり、その見返りとして、オー・ブリオンのワインを受け取っていました。 また、アラリー家所有の区画とは別に、「ラ・パッション・オー・ブリオン」のラベルを冠したワインが、1954年から1978年の間、オー・ブリオンが生産を肩代わりする形でリリースされていました。しかし2006年、法の定めにより「ラ・パッション・オー・ブリオン」という名は、「ドメーヌ・アラリー・オー・ブリオン」へ変更を余儀なくされます。(1970年代にラ・パッション・オー・ブリオンが、オー・ブリオンとして販売されているのではという噂が流れたため、1979年から2007年まで、ラ・パッション・オー・ブリオンはリリースされず、セカンドのバーン・オー・ブリオンにブレンドされることとなりました。) 所有者であるアラリー氏が自分のワインを造りたいと思い2007年~2010年までアラリー氏の名前を冠したワインを造りましたが、アラリー氏が亡くなったことで 2010年が最後のヴィンテージとなりました。 ★ 現在この畑は、メドック格付1級のシャトー・オー・ブリオンへ売却されました。  ■ ドメーヌ・アラリー・オー・ブリオン カベルネ・フランが主体となったグラーヴでも珍しいブレンドのワインです。煮詰めたラズベリーやカシス、ブラックベリー、プラムなど黒系・赤系果実の香りと、ハーブやスパイス、甘草、スモーキーなニュアンスがあります。果実味が豊かで、非常に滑らかな舌触り。スモーキーな印象と豊かな果実味は長く余韻にまで感じられ、上品な印象を残します。力強く、パワフルで熟成向きのスタイルです。  ■ 2010年 パーカーポイント 90-92 ポイント Wine Advocate #194 (2011-05-02) ドメーヌアラリーオーブリオン 2010 Domaine Allary Haut Brion 豊富な,最新作

カリュアドドラフィットロートシルト 2011 Carruades de Lafite Rothschild 2017,お得

Vintage 2011年 生産者 ロスチャイルド家 生産国 フランス/ボルドー/ポイヤック 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン55% メルロー39% カベルネフラン3.5% プティ・ヴェルド2.5% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト」 1855年のパリ万博に際して行われた公式格付けでグラン・クリュ第1級の筆頭にランクされたのがシャトー・ラフィットでした。以来、新しい格付けの試みも幾度か行われはしたものの、シャトー・ラフィット・ロートシルトの王座は一度として揺らいだことはありません。ラフィットは幾多の変遷を経て競売に付されることになり、1868年、現在のロスチャイルド家が落札し所有者となりました。ロスチャイルド家は、1975年以降、フランスのワイン醸造技術の第一人者ペイノー博士をコンサルタントに迎えるなど、このシャトーの歴史と伝統にあまんじることなく、葡萄園とそのワインにさらに磨きをかけ続けています。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、ボルドーの北西メドック地区の高名なワイン生産地ポーイヤック村の北端に位置し、シャトーの敷地面積は123ヘクタールで、うち100ヘクタールがブドウ畑となっています。品種別の作付面積は、カベルネ・ソーヴィニョンが70%、メルローが25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2%です。ワインの生産量は年間3万5,000ケース(42万本)で、うち1万5,000から2万5,000ケースがメドック第1級格付けの赤ワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」として出荷されます。ワインのブレンド比率は、80%から95%がカベルネ・ソーヴィニョン、5%から20%がメルロー、3%前後がカベルネ・フランとプティ・ヴェルドとなっています。ブレンド比率はその年のブドウの出来具合によって変わります。 《カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト》 ワインの名前は1845年にラフィットが購入した、このシャトーで一番いい葡萄畑に隣接した区画の総称である「カリュアドの丘」に由来します。20世紀にシャトー・ラフィットと統合されるまでカリュアドは、それとは関係なく販売されていましたが、それ以降はセカンドワインとして世に送り出されています。ラフィットロートシルトと同じ畑の、主に若い樹齢の葡萄からつくられますが、実力は他のグランクリュの主要なワインに匹敵します。ファーストラベルよりメルロ比が高く、カリュアド用に指定された区画の葡萄も使用します。 ■ 2011年 パーカーポイント 87-89 ポイント Wine Advocate #200 (2012-04-30) カリュアドドラフィットロートシルト 2011 Carruades de Lafite Rothschild 2017,お得

シャトーラトゥールマルティヤック ルージュ 2012 Chateau Latour Martillac Rouge 高品質,新作登場

Vintage 2012年 生産者 ファミーユ・クレスマン 生産国 フランス/ボルドー/グラーヴ/ペサック・レオニャン 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン65% メルロ32% プティ・ヴェルド3% タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「シャトー・ラトゥール・マルティヤック ルージュ」 ラトゥール・マルティヤックは古いシャトーではなく、歴史は19世紀半ばまでしか溯(さかのぼ)ることはできないシャトーです。しかし、ボルドーでも最も有名な家のひとつ、クレスマンによって1930年から所有され、現在トリスタン・クレスマンに管理され高品質なワインを造り出しています。20世紀初頭までは白ワインのみを作っていましたが、現在では赤ワインの比率の方が多くなってきています。 【シャトー・ラトゥール・マルティヤック ルージュ】 発酵は温度調節されたステンレス鋼の発酵槽で3週間。収量の一部は新樽でマロラクティック発酵を行います。ワインは50%が新しいオーク樽の中で熟成し、3ヵ月ごとに澱引きされます。 《シャトー・ラトゥール・マルティヤック ルージュ》 色が濃く、しっかりしたタンニンンを持つワインです。カベルネ・ソーヴィニヨン種がワインに骨格を与え、メルロー種がボディに滑らかさとふくよかさを与えます。滑らかな飲み口を持ち、後味にしっかりとした渋味が残るワインです。 シャトーラトゥールマルティヤック ルージュ 2012 Chateau Latour Martillac Rouge 高品質,新作登場

シャトーデュクリュボーカイユ 1988 Chateau Ducru Beaucaillou 送料無料,本物保証

Vintage 1988年 生産者 ジャン・ ヴジェーヌ ・ボリー家 生産国 フランス/ボルドー/サンジュリアン 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン70% メルロー25% カベルネ・フラン5% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・デュクリュ・ボーカイユ」 サン・ジュリアンには1級に格付けされるシャトーがありません。その中でキラ星のごとく輝く5つの素晴らしい2級格付けシャトーの一つが、デュクリュ・ボーカイユです。ラベルに描かれるジロンド河の風景を見晴らす美しい館を持つシャトー・デュクリュ・ボーカイユは、かつての所有者だったデュクリュの名と、畑一面に広がる美しい小石(ボー・カイユ)に由来しています。 シャトー・デュクリュ・ボーカイユは、サンジュリアンらしいワインとして、またバランスがよくとれ、非常に果実味に富み、膨らみのある味わいで、なめらかでエレガンスなワインスタイルが高い人気を誇っています。 《シャトー・デュクリュ・ボーカイユ》 Chヴェイシュヴェルに隣接した南斜面の畑から安定した質の良いワインを造っている事で知られています。ワインはフィネスに富んでいて、エレガントさと均整、品格があり、バランスも素晴らしく、完成されたフィネス・スタイルを持っています。 シャトーデュクリュボーカイユ 1988 Chateau Ducru Beaucaillou 送料無料,本物保証

シャトーカノン 1988 Chateau Canon 驚きの破格値,低価

Vintage 1988年 生産者 ヴェルテメール家(シャネル社) 生産国 フランス/ボルドー/サンテミリオン 品 種 メルロー75% カベルネ・フラン25% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・カノン」 1980年代半ばまで、シャトー・カノンはリブルヌ地区では他とは比べ物にならないほど安定した品質のワインを産出していました。シャトーカノンは1919年以来フルニエ一族が所有していましたが1990年代になり、シャネル社がオーナーとなり、こだわった伝統的な製法で、力強く長寿でコクのあるワインを造っています。。 【パーカー ポイント 89点】 《シャトー・カノン 1988年》 最良の状態におけるカノンは、すばらしい芳醇さがあり、深みがあり、凝縮感があり、筋肉質で、フルボディで、熟成すると果実味が豊かであり、西洋杉の香りを持つとびきり上等のワインとなることがしばしばある。このワインがさほど知られていないことは不可解である。というのも、 カノンが1980年代にはサン=テミリオンの最高級ワインの 3つか4つの中に含まれていたことは確かだからである 。 『ロバート・パーカー ボルドー第4版』 より抜粋 シャトーカノン 1988 Chateau Canon 驚きの破格値,低価

シャトーコスデストゥルネル 2005 Chateau Cos d'Estournel 人気,100%新品

Vintage 2005年 生産者 エストゥルネル家 生産国 フランス/ボルドー/サンテステフ 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン65% メルロ19% カベルネ・フラン13% プティ・ヴェルド3% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・コス・デストゥルネル」 シャトー・ラフィット・ロートシルトを見下ろす丘の背に畑があり、ラベルにも描かれている中国風の建物を持ち、オリエンタルな雰囲気を醸し出しているサンテステフの名物シャトーです。1855年にメドック格付けで2級を獲得。ワイン名は、このブドウ畑がサンテステフ村の大地主、エストゥルネル家のものだったことに由来しています。コスは小石、「エストゥルネルの小石」と言う名前です。 《シャトー・コス・デストゥルネル》 しっかりした骨格と堅牢で頼りがいがあり、ゆっくり熟成させて味わうとその豊かな果実味は飲む者を陶酔させます。若いうちは大量の生き生きとした果実が、熟成を経るにつれてなめらかな深みがあらわれるすばらしいワインです。長期の熟成にも向いています。 シャトーコスデストゥルネル 2005 Chateau Cos d'Estournel 人気,100%新品

シャトーレヴァンジル 2011 Chateau L'Evangile SALE,限定SALE

Vintage2011年生産国フランス/ポムロール生産者ロスチャイルド(ラフィット)品 種メルロ94% カベルネ・フラン6%タイプ赤/辛口/フルボディ内容量750ml 「シャトー・レヴァンジル」 シャトー・ラフィットが所有する『シャトー・レヴァンジル』 ラ・コンセイヤント、ペトリュス、ヴュー・シャトー・セルタンなど、ポムロル地区の数々の輝かしいシャトーに隣接しているシャトー・レヴァンジル。しかもサン・テミリオン地区のシュヴァル・ブランとも境を接しています。 シャトー・レヴァンジルは、18世紀の中頃まで“ファズィロー”という名で知られていましたがが、その後すぐ、“シャトー・レヴァンジル”となり、ワインは有名になりました。1990年にドメーヌ・バロン・ド・ロスチャイルドが所有し、 それ以来、ますます品質が向上し、実質的にはペトリュスやラ・フルール・ペトリュスと比較しても、遜色がないと言われているシャトーになりました。  ■ シャトー・レヴァンジル 2011年は、冬および春先に非常に乾燥した天候が続いた点が特徴と言える年です。メルロはリッチ感があり濃厚でしたが、夏の降水量が少なかったことで、収量は極度に低減しています。カベルネの粒は小さく果皮は厚く、非常に上質です。 紫色の光沢をもつ濃厚なカラーで、力強さがあり、良く熟した、表現豊かな香りが感じられます。グリオット種チェリーおよびカシスのノートを含む濃縮した香りです。味わいは、アタックに濃さがあり、良く熟したタンニンと上質な力強さを備え、凝縮性の高さがうかがえます。後味は絹のようになめらかで、上質なタンニンが、味わいを一層魅力的に仕上げています。  ● 2009年 パーカーポイント 94 ポイント Wine Advocate #201 (2012-06-30) シャトーレヴァンジル 2011 Chateau L'Evangile SALE,限定SALE

ムートンカデ レゼルヴメドック 2014 Mouton Cadet Reseserve Medoc SALE,限定SALE

Vintage 2014年 生産者 バロン・フィリップ・ロスチャイルド社 生産国 フランス/ボルドー 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン50% メルロ45% カベルネ・フラン5% タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml ムートン・カデ ムートン・カデは、シャトー・ムートン・ロスチャイルドの精神を受け継ぐ、ムートン直系のブランドワインです。その始まりは遡ること80年前。 1930年、ブドウが不作となりシャトー・ムートン・ロスチャイルドを瓶詰めできなかったことから、そのブドウを使ったワイン、ムートン・カデが誕生しました。この判断を下したのは、シャトー・ムートン・ロスチャイルドに 様々な革新をもたらしたフィリップ・ド・ロスチャイルド男爵。彼が一族の末っ子(カデ)であったことと、ムートン直系のワインという意味を込めて、『ムートン・カデ』と名付けられました。以来、一貫して高いクオリティと時代に合った美味しさを追求しています。 《ムートン・カデ レゼルヴ・メドック》 紫色を帯びた、若々しいルビーレッド。スパイスのニュアンスも感じられる、黒や赤のチェリー、黒スグリなどの熟した果実のアロマ。力強いアタックとしっかりしたストラクチャーを持っています。芳醇さとフレッシュな味わいが見事に溶け合い、やわらかなタンニンが感じられます。エイジングのポテンシャルを持ち、表現力豊かな果実味を備えています。 ムートンカデ レゼルヴメドック 2014 Mouton Cadet Reseserve Medoc SALE,限定SALE

シャトーソシアンドマレ 2007 Chateau Sociando Mallet 驚きの破格値,驚きの破格値,HOT

Vintage 2007年 生産者 ジャン・ゴートロー 生産国 フランス/ボルドー/オーメドック 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン55% メルロー40% カベルネ・フラン5% タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ソシアンド・マレ」 近年大人気で、評論家、マスコミなど各方面から絶賛のシャトーです。非公式な格付けが行われると、必ずトップグループに上がってきます。メドックのクリュ・ブルジョワ・クラスのワインになりますが、メドック格付けが見直されれば、上位格付け確実と言われるシャトーです。 メドック格付け外のクリュ・ブリュジョワであるにもかかわらず 多くの評論家から格付けクラス同等以上の評価を得る “シャトー・ソシアンド・マレ” 《シャトー・ソシアンド・マレ》 クレーム・ド・カシス、ミネラルや花のキャラクターが鼻腔全体に広がります。味わいは、ミディアム~フルボディで、口の中に皺(しわ)が寄るようなタンニンを持ちます。 シャトーソシアンドマレ 2007 Chateau Sociando Mallet 驚きの破格値,驚きの破格値,HOT

シャトーレオヴィルラスカーズ 1964 Chateau Leoville Las Cases 得価,最新作

Vintage 1964年 生産者 ドゥロン家 生産国 フランス/ボルドー/サンジュリアン 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン65% メルロ19% カベルネ・フラン13% プティ・ヴェルド3% タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・レオヴィル・ラスカーズ」 レオヴィル・ラスカーズの格付けは2級ですが、最近では“2級であるが品質は1級に劣らない”とされるシャトーの総称として「スーパーセカンド」という言葉が聞かれるようになってきました。フランス革命の後、レオヴィル侯爵の所有していた1つの畑が売却や遺産相続で分断され、現在はラス・カーズ、ポワフェレ、バルトンと、3つのレオヴィルが存在しています。 ラベルには“Grand Vin de Leoville du Marquis de Las-Cases”と本家本元を誇っていて(ボルドーとしては珍しくシャトーを名乗っていません)、18世紀にサン ジュリアンだけでなくメドック中で最高の精力を誇った貴族の領地だったからなのです。畑はジロンド河を望む砂利層の土地にあって、ラトゥールと境を接しています。もともとの侯爵の領地の半分をこのラス カーズが占めていて、その敷地はサン ジュリアンの集落からラトゥールまで続いています。集落の南の入り口にあるもとの侯爵家のシャトーはラス・カーズとポワフェレの間で2等分され、左側がラス・カーズの物となっています。 《シャトー・レオヴィル・ラスカーズ》 サンジュリアンでも最も色が濃く、最も晩熟と評されています。最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっていますが、特徴的な豊かさ、深み、構造、全てのバランスがよく保たれた逸品です。 シャトーレオヴィルラスカーズ 1964 Chateau Leoville Las Cases 得価,最新作

フルールドクリネ 2013 Fleur de Clinet 新作入荷,大人気

Vintage 2013年 生産者 ラボルド家 生産国 フランス/ボルドー 品 種 メルロ95% カベルネ・フラン5% タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「フルール・ド・クリネ Fleur de Clinet」 既に19世紀には確固たる名声を得ていたシャトー・クリネ。シャトー・ペトリュスのオーナーであったアーノー家の手に渡るまでコスタン家の所有であり、1980年代初頭にジャン・ミッシェル・アルコートの出現により、劇的な進化を遂げます。彼は既存の概念を打ち破り、グリーン・ハーヴェスト、除葉、ブドウの生理学的熟成を目標とした遅摘み法を確立し、カベルネの比率を下げました。その功績が称えられ、アルコートはワイン評論の世界的権威から2度も『ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー』に選出され、1989年ヴィンテージのクリネは満点評価を獲得しました。1999年、シャトーの所有権はラボルド家の手に渡り、更なる品質向上の時代を迎えました。 ブドウ畑では、将来を見据えた再植プログラムの下、より環境にやさしい栽培法を適用しています。除草剤やトラクターの使用を極力減らし、可能な限り手作業でブドウを育てる方向に切り替えた結果、ふわふわとした健康な土が蘇りました。 木樽にて発酵後、ワインの熟成には新樽(約50%)、1年落ち樽(約40%)、ステンレスタンク(約10%)が用いられる。現在シャトーは約9haの畑を所有し、『ル・グラン・ヴィーニュ』、『ル・アルジル』そして『ル・プラトー』という、ポムロム村に住む者なら誰もが羨む区画から素晴らしいブドウを生み出している。 《フルール・ド・クリネ》 既存のセカンドの概念を超える独自のスタイルの確立を目指し、2006年ヴィンテージからこのフルール・ド・クリネには、専用のブドウが使われ始めました。 《フルール・ド・クリネ》 シャトー・クリネと同じスタッフ・醸造方法で造られており、果実主体の柔らかさとクリネらしいしっかりとしたストラクチャーのバランスの良さが魅力です。フレッシュなチェリーやプラムのジャムのフルーティな香りに黒いスパイスのアクセント。トップシャトーのエレガンスを備えた滑らかで肉感的な口当たり。セカンドの概念を超えるクリネが誇るもうひとつのグランヴァンです。 フルールドクリネ 2013 Fleur de Clinet 新作入荷,大人気

シャトーカロンセギュール 1998 Chateau Calon Segur 定番,安い

Vintage 1998年 生産者 ガスクトン家 生産国 フランス/ボルドー/サンテステフ 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン メルロ タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・カロン・セギュール」 『セギュール』はボルドーきっての名門セギュール家をさします。18世紀にセギュール家の当主だったニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール伯爵はメドック地区の中でも最高の村の一つとされているポイヤック村にあるシャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥール、シャトー・ムートンの3つのワインシャトーを所有しており「メドックのワイン王」と呼ばれていました。シャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥールといった名だたるブドウ園を所有していても、彼が最も愛したのはこのカロン・セギュールだったのです。そしてセギュール伯爵は「我、シャトー・ラフィットとシャトー・ラトゥールを造りしが、我が心はカロンに在り」という言葉を残しています。その後セギュール家はラフィットやラトゥールは手放しましたが、最後までこのカロンセギュールは手放しませんでした。現在、カベルン=ガスクトン夫人が所有者となっています。 《シャトー・カロン・セギュール》 『ハートのラベルが印象的なメドック3級のカロン・セギュール』豊かな香りと、フルボディのしっかりとした味わいを持った優雅な赤ワイン。果実を濃縮させたような芳醇な香りを持ち、ボディは厚くてたくましく、かつしなやかなワインです。 ■ 1998年 パーカーポイント 89 ポイント Wine Advocate #134 (2001-04-23) (1998-01-01) シャトーカロンセギュール 1998 Chateau Calon Segur 定番,安い

ルプティカイユ 2008 Le Petit Caillou 最新作,限定SALE

Vintage 2008年 生産者 シャトー・デュクリュ・ボーカイユ 生産国 フランス/ボルドー/サンジュリアン 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン50% メルロー43% カベルネ・フラン7% タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ル・プティ・カイユ」 デュクリュ・ボーカイユのオーナーが新たにリリースするサン=ジュリアンワイン。メドックの一級シャトーにも匹敵するワインを造る年もあるシャトーに成長しており、息子のブルーノ・ボリー氏が陣頭指揮を取り新たな時代を切り開いています。デュクリュボーカイユのサードワインです。 シャトー・デュクリュ・ボーカイユは、サンジュリアンらしいワインとして、またバランスがよくとれ、非常に果実味に富み、膨らみのある味わいで、なめらかでエレガンスなワインスタイルが高い人気を誇っています。 《ル・プティ・カイユ》 ルビー色で、スパイスを伴ったラズベリーの香りが感じられます。味わいは、滑らかでエレガントな口当たりです。タンニンはよく溶け込みバランスの良いワインで、余韻が持続します。 ルプティカイユ 2008 Le Petit Caillou 最新作,限定SALE

シャトーカロンセギュール 2012 Chateau Calon Segur 人気SALE,定番人気

Vintage 2012年 生産者 ガスクトン家 生産国 フランス/ボルドー/サンテステフ 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン メルロ タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・カロン・セギュール」 『セギュール』はボルドーきっての名門セギュール家をさします。18世紀にセギュール家の当主だったニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール伯爵はメドック地区の中でも最高の村の一つとされているポイヤック村にあるシャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥール、シャトー・ムートンの3つのワインシャトーを所有しており「メドックのワイン王」と呼ばれていました。シャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥールといった名だたるブドウ園を所有していても、彼が最も愛したのはこのカロン・セギュールだったのです。そしてセギュール伯爵は「我、シャトー・ラフィットとシャトー・ラトゥールを造りしが、我が心はカロンに在り」という言葉を残しています。その後セギュール家はラフィットやラトゥールは手放しましたが、最後までこのカロンセギュールは手放しませんでした。現在、カベルン=ガスクトン夫人が所有者となっています。 《シャトー・カロン・セギュール》 『ハートのラベルが印象的なメドック3級のカロン・セギュール』豊かな香りと、フルボディのしっかりとした味わいを持った優雅な赤ワイン。果実を濃縮させたような芳醇な香りを持ち、ボディは厚くてたくましく、かつしなやかなワインです。 ■ 2012年 パーカーポイント 91 ポイント eRobertParker.com #218 (2015-04-30) シャトーカロンセギュール 2012 Chateau Calon Segur 人気SALE,定番人気

シャトーカロンセギュール 1996 Chateau Calon Segur 高品質,新作登場

Vintage 1996年 生産者 ガスクトン家 生産国 フランス/ボルドー/サンテステフ 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン メルロ タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・カロン・セギュール」 『セギュール』はボルドーきっての名門セギュール家をさします。18世紀にセギュール家の当主だったニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール伯爵はメドック地区の中でも最高の村の一つとされているポイヤック村にあるシャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥール、シャトー・ムートンの3つのワインシャトーを所有しており「メドックのワイン王」と呼ばれていました。シャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥールといった名だたるブドウ園を所有していても、彼が最も愛したのはこのカロン・セギュールだったのです。そしてセギュール伯爵は「我、シャトー・ラフィットとシャトー・ラトゥールを造りしが、我が心はカロンに在り」という言葉を残しています。その後セギュール家はラフィットやラトゥールは手放しましたが、最後までこのカロンセギュールは手放しませんでした。現在、カベルン=ガスクトン夫人が所有者となっています。 《シャトー・カロン・セギュール》 『ハートのラベルが印象的なメドック3級のカロン・セギュール』豊かな香りと、フルボディのしっかりとした味わいを持った優雅な赤ワイン。果実を濃縮させたような芳醇な香りを持ち、ボディは厚くてたくましく、かつしなやかなワインです。 ■ 1996年 パーカーポイント 92 ポイント Wine Advocate #122 (1999-04-23) シャトーカロンセギュール 1996 Chateau Calon Segur 高品質,新作登場

ラクロワドボーカイユ 2009 La Croix de Beaucaillou 超激得,爆買い

Vintage 2009年 生産者 ジャン・ヴジェーヌ ・ボリー家 生産国 フランス/ボルドー/サンジュリアン 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン メルロー カベルネ・フラン タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ラ・クロワ・ド・ボーカイユ」 サン・ジュリアンには1級に格付けされるシャトーがありません。その中でキラ星のごとく輝く5つの素晴らしい2級格付けシャトーの一つが、デュクリュ・ボーカイユです。ラベルに描かれるジロンド河の風景を見晴らす美しい館を持つシャトー・デュクリュ・ボーカイユは、かつての所有者だったデュクリュの名と、畑一面に広がる美しい小石(ボー・カイユ)に由来しています。 シャトー・デュクリュ・ボーカイユは、サンジュリアンらしいワインとして、またバランスがよくとれ、非常に果実味に富み、膨らみのある味わいで、なめらかでエレガンスなワインスタイルが高い人気を誇っています。 サン・ジュリアンの第二級格付け “デュクリュ・ボーカイユ”のセカンドワイン。 ラ・クロワ・ド・ボーカイユ 《ラ・クロワ・ド・ボーカイユ》 サンジュリアンらしく果実味に富みエレガントながら同時に逞しさも感じさせます。果実味やミネラル、花の香りの優しい風味と力強いタンニンが複雑な味わいを醸し出しています。 ■ 2009年 パーカーポイント 91 ポイント Wine Advocate #199 (2012-02-29) ラクロワドボーカイユ 2009 La Croix de Beaucaillou 超激得,爆買い

ラクロズリードカマンサック 2009 La Closerie de Camensac 2017,HOT

Vintage 2009年 生産者 フォルネル家 生産国 フランス/ボルドー/オーメドック 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン60% メルロー40% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ラ・クロズリー・ド・カマンサック」 1855年に第5級に格付けされたものの、注目されず忘れ去られた存在になっていたシャトーでした。1965年、スペインのリオハ地方にあるモダンなスタイルの上質なワインで知られるワイナリー、マルケス・デ・カセレスを所有しているフォルネル家が買収した後、エミール・ペイノー教授の指導の下、ぶどうの植え替えを行い、醸造所と貯蔵庫は最新のものを導入しました。これらの設備投資により、カマンサックの品質は格段に向上しました。それに伴い、評価・人気も急上昇しているシャトーです。 グランクリュ格付け第5級 シャトー・カマンサックのセカンドワイン。 ラ・クロズリー・ド・カマンサック 《ラ・クロズリー・ド・カマンサック》 いきいきとした果実味で、樽香も心地よく感じられ、しなやかな飲み口でタンニンも程よくまとまりのある味わいです。ワイン名の「ラ・クロズリー・ド・カマンサック」とはカマンサックの小農園という意味です。 ラクロズリードカマンサック 2009 La Closerie de Camensac 2017,HOT

ルプティムートンドムートンロートシルト 2013 Le Petit Mouton de Mouton Rothschild 格安,HOT

Vintage 2013年 生産者 バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド 生産国 フランス/ボルドー/ポイヤック 品 種 カベルネ・ソーヴィニオン主体 タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト」 シャトー・ムートン・ロートシルトは、世界でもっとも偉大なクラレットの1つに数えられています。もともとはシャトー・ブラン・ムートンという名で知られていましたが、1853年、シャトーを購入したナタニエル・ド・ロッチルドにより、シャトー・ムートン・ロートシルトと改名されました。その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ロートシルトがこのシャトーの魅力・美しさに生涯の全てを注ぐことを決意したことにより始まりました。1924年には、従来の慣習を改め、瓶詰めから貯蔵までの全ての工程を自らシャトーで行なうことで、ワインの質をシャトー所有者の彼自身が完全にコントロールすることを可能にしました。収穫と瓶詰めをともに自ら行ったシャトーは、シャトー・ムートン・ロートシルトが最初です。 メドック地区四大シャトーのひとつで、1855年の格付けでは当時のオーナーがシャトーを取得して日が浅かったため2級格付けでした。故・フィリップ・ロートシルト男爵の努力が実り、1973年の格付け見直しで例外的に第2級から唯一昇格し1級を取得しました。豊かな果実味とアルコール、タンニンのなめらかさ。驚くほど濃い色調で、豊かな果実香にモカのような香りと並外れて芳醇な味わいで丸みのある力強いタンニンと長い余韻が持続します。1945年の第二次世界大戦の勝利でVマークのエチケットを採用したのをきっかけに、それ以来毎年著名な画家にデザインを依頼しているアートラベルが人気です。 《ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルトのラベル》 フランス人ポスター画家のジャン・カルリュ氏の作品です。《ジャン・カルリュ》 アール・デコを代表するフランスのグラフィックデザイナー。「ジャン・カリリュ」と表記されることもある。ポスターを得意とする。キュビスム、未来派、構成主義の要素を取り入れた、幾何学的な意匠が特徴です。 《ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト》 第1級格付けの「CHムートン」のセカンドワインです。濃縮した果実味と力強いタンニンがムートンを彷彿させる素晴らしいワインです。 ムートン特有のローストされた樽香が楽しめ、完熟ブドウならではのなめらかな果実味と、心地よいふくらみのあるワインです。 人気が非常に高く、生産量が0.5万ケース以下と、他のセカンド・ワインに比べて極めて少ない為ほとんど出回らない内に売り切れてしまう希少品です。 ルプティムートンドムートンロートシルト 2013 Le Petit Mouton de Mouton Rothschild 格安,HOT

シャトーシャススプリーン 2011 Chateau Chasse Spleen 人気SALE,大人気

Vintage 2011年 生産者 リュリトン家 生産国 フランス/ボルドー/ムーリ 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン80% メルロー20% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml■ 実店舗と在庫を共有しているため稀に売り切れの場合がございま   すので、予めご了承下さいますよう、お願い申し上げます。 「シャトー・シャス・スプリーン」 シャス・スプリーンは傑出したシャトーである。過去30年にわたって一貫して上質なワインを生産し、3級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。貧弱で凡庸なヴィンテージでさえ、そのワインは突出した深みのあるルビー色や、プラムのような熟したブーケ、豊かさと丸みのあるしっかりとした風味で特徴づけられている。(ボルドー第4版より抜粋) クリュ・ブルジョワ級筆頭の シャトー・シャス・スプリーン 《シャトー・シャス・スプリーン》 はっきりと明るく濃い赤色で、カシス、黒コショウのような香りを感じます。口に入れた瞬間、ピュアで透明感のある果実の味わいで、タンニンは柔らかく、ビロードのようなテクスチャー、 ブラックベリーの余韻を感じます。複雑味もありますが、全体としてのバランスに非常に優れた逸品です。 シャトーシャススプリーン 2011 Chateau Chasse Spleen 人気SALE,大人気

シャトーパルメ 2007 Chateau Palmer 定番人気,100%新品

Vintage 2007年 生産者 シャトー・パルメ 生産国 フランス/ボルドー/マルゴー 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン55% メルロ42% プチ・ヴェルド3% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・パルメ」 1814年、イギリス人のチャールズ・パルメ少将はフランスに渡り、莫大な資産をもとにシャトー・ガスクを手に入れ自らの名前を付けました。これがシャトー・パルメの始まりです。畑は、マルゴーやローザン・セグラに隣接していて、ジロンド川に向かってゆっくりと傾斜しているという、マルゴー地区の中でも最高の場所にあります。シャトー・パルメはマルゴー村の第3級シャトーながら評価において第2級を抜くことも多く、現状は1級と2級の間の価格で取引される準2級的シャトーとも言えます。 《シャトー・パルメ》  メドック格付け第3級 比率が高いメルローからもたらされる華やかな香りと、マルゴーらしい豊満なボディにエレガントな味わい。熟成が進むにつれて、タンニンが柔らかくなり、香りがより一層華やかになります。 シャトーパルメ 2007 Chateau Palmer 定番人気,100%新品

コネターブルタルボ 2011 Connetable Talbot 新作入荷,低価

Vintage 2011年 生産者 コルディエ家 生産国 フランス/ボルドー/サンジュリアン 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン メルロ カベルネ・フラン タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「コネターブル・タルボ」 シャトー・タルボは、ぶどう畑の面積が107haとメドックで2番目の大きさを誇るシャトーです。ジロンド河から内陸部に入ったシャトー・グリュオー・ラローズの北側にあり、クルーブと呼ぶなだらかな臀部の頂上は23メートルとメドックでは最も高い位置にあります。 シャトー・タルボでは、特に畑の細かな区画管理と収穫時の選果を徹底しています。デリケートな果実を乾かすために、メドックで最初に導入した温風換気システムで収穫されたぶどうについた朝露や雨を吹き飛ばします。ステンレス・タンクと木桶の使い分けは、小さな区画のぶどうが木桶発酵に振り分けられるだけで、条件は全く変わりません。各タンクでマロラクティック発酵が行われ、ワインがまだ温かいうちに樽に移されます。 ■ コネターブル・タルボ [2011] サン・ジュリアン最大のブドウ園、クリュ・クラッセ第4級「シャトー・タルボ」のセカンドワイン。黒い果実の香りとともにヴァニラなどの香りが広がります。口当たりはなめらかで、新鮮な果実の風味が心地よくフィニッシュまで続きます。 コネターブルタルボ 2011 Connetable Talbot 新作入荷,低価

クラレンドルブランバイシャトーオーブリオン 2014 Clarendelle Rouge By Chateau Haut Brion 最安値,定番

Vintage 2014年 生産者 ドメーヌ・クラランス・ディロン 生産国 フランス/ボルドー/グラーヴ 品 種 セミヨン ソーヴィニヨン・ブラン タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「クラレンドル・ブラン・バイ・シャトー・オー・ブリオン」 カンヌ映画祭、テニスのフレンチオープン、フランスのオペラ劇場、アラン・デュカスの レストラン、スイス航空でも提供されている実力派の"クラレンドル" 《ドメーヌ・クラレンス・ディロン&クラレンス・ディロン・ワインズ》 シャトー・オー・ブリオンとシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンを所有するドメーヌ・クラレンス・ディロン。オーナーのルクセンブルク大公国、ロベール殿下が、「オー・ブリオンのノウハウを生かしたリーズナブルなワインを造る」という情熱により、クラレンス・ディロン・ワインズを設立、ドメーヌと同じ醸造チームが造るクラレンドルシリーズを誕生させました。 シャトー・オー・ブリオンは1885年にメドック以外では例外的に第1級に選ばれたことで知られています。1935年このシャトー・オー・ブリオンを230万フランで買い取ったのがアメリカの有名な財界人であるクラレンス・ディロン氏。その特級格付第一級=シャトー・オー・ブリオン、同じくシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンも擁しています。現在このグループを率いるルクセンブルグ大公国ロベール皇太子殿下は、新たなクラレンス・ディロンのワインを生産することを決意し、2005年に発売を開始しました。シャトー・オー・ブリオンの所有者となったクラレンス・ディロン氏の偉大な功績、祖先への賛辞をあらわして名付けられたワインが「クラレンドル」というプレミアム・ワインです。 《クラレンドル・ブラン・バイ・シャトー・オー・ブリオン》 白桃、グレープフルーツなどのフルーツの綺麗な香り、果実味のたっぷりとしたなめらかな味わいがあり、飲みやすくクリーン。典型的なボルドーブランです。 クラレンドルブランバイシャトーオーブリオン 2014 Clarendelle Rouge By Chateau Haut Brion 最安値,定番

シャトーパルメ 1994 Chateau Palmer 格安,爆買い

Vintage 1994年 生産者 シャトー・パルメ 生産国 フランス/ボルドー/マルゴー 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン47% メルロ47% プチ・ヴェルド6% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・パルメ」 1814年、イギリス人のチャールズ・パルメ少将はフランスに渡り、莫大な資産をもとにシャトー・ガスクを手に入れ自らの名前を付けました。これがシャトー・パルメの始まりです。畑は、マルゴーやローザン・セグラに隣接していて、ジロンド川に向かってゆっくりと傾斜しているという、マルゴー地区の中でも最高の場所にあります。シャトー・パルメはマルゴー村の第3級シャトーながら評価において第2級を抜くことも多く、現状は1級と2級の間の価格で取引される準2級的シャトーとも言えます。 【パーカーポイント 86点】 《シャトー・パルメ》  メドック格付け第3級 比率が高いメルローからもたらされる華やかな香りと、マルゴーらしい豊満なボディにエレガントな味わい。熟成が進むにつれて、タンニンが柔らかくなり、香りがより一層華やかになります。 シャトーパルメ 1994 Chateau Palmer 格安,爆買い

カリュアドドラフィットロートシルト 2010 Carruades de Lafite Rothschild 新品,安い

Vintage 2010年 生産者 ロスチャイルド家 生産国 フランス/ボルドー/ポイヤック 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン55% メルロー39% カベルネフラン3.5% プティ・ヴェルド2.5% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト」 1855年のパリ万博に際して行われた公式格付けでグラン・クリュ第1級の筆頭にランクされたのがシャトー・ラフィットでした。以来、新しい格付けの試みも幾度か行われはしたものの、シャトー・ラフィット・ロートシルトの王座は一度として揺らいだことはありません。ラフィットは幾多の変遷を経て競売に付されることになり、1868年、現在のロスチャイルド家が落札し所有者となりました。ロスチャイルド家は、1975年以降、フランスのワイン醸造技術の第一人者ペイノー博士をコンサルタントに迎えるなど、このシャトーの歴史と伝統にあまんじることなく、葡萄園とそのワインにさらに磨きをかけ続けています。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、ボルドーの北西メドック地区の高名なワイン生産地ポーイヤック村の北端に位置し、シャトーの敷地面積は123ヘクタールで、うち100ヘクタールがブドウ畑となっています。品種別の作付面積は、カベルネ・ソーヴィニョンが70%、メルローが25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2%です。ワインの生産量は年間3万5,000ケース(42万本)で、うち1万5,000から2万5,000ケースがメドック第1級格付けの赤ワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」として出荷されます。ワインのブレンド比率は、80%から95%がカベルネ・ソーヴィニョン、5%から20%がメルロー、3%前後がカベルネ・フランとプティ・ヴェルドとなっています。ブレンド比率はその年のブドウの出来具合によって変わります。 《カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト》 ワインの名前は1845年にラフィットが購入した、このシャトーで一番いい葡萄畑に隣接した区画の総称である「カリュアドの丘」に由来します。20世紀にシャトー・ラフィットと統合されるまでカリュアドは、それとは関係なく販売されていましたが、それ以降はセカンドワインとして世に送り出されています。ラフィットロートシルトと同じ畑の、主に若い樹齢の葡萄からつくられますが、実力は他のグランクリュの主要なワインに匹敵します。ファーストラベルよりメルロ比が高く、カリュアド用に指定された区画の葡萄も使用します。 ■ 2010年 パーカーポイント 94 ポイント Wine Advocate #205 (2013-02-28) カリュアドドラフィットロートシルト 2010 Carruades de Lafite Rothschild 新品,安い

シャトーマロジャリア 2003 Chateau Marojallia 正規品,新品

Vintage 2003年 生産者 シャトー・マロジャリア 生産国 フランス/ボルドー/マルゴー 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン76% メルロー24% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・マロジャリア」 新しく創設されたこのシャトーは、ボルドー左岸に大きな話題を巻き起こしました。メドックで最初につくられた今をときめく、シャトー・ヴァランドローのジャン・リュック・テュヌヴァン氏とミッシェル・ロラン氏がタッグを組んだ、メドック初のガレージワインです。ファーストヴィンテージから最高の品質のワインです。すでに2級の名声を得ているモンスターワインです。 シャトーマロジャリア 2003 Chateau Marojallia 正規品,新品

シャトーレオヴィルラスカーズ 2005 Chateau Leoville Las Cases 大人気,人気SALE

Vintage 2005年 生産者 ドゥロン家 生産国 フランス/ボルドー/サンジュリアン 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン65% メルロ19% カベルネ・フラン13% プティ・ヴェルド3% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml■ 実店舗と在庫を共有しているため稀に売り切れの場合がございま   すので、予めご了承下さいますよう、お願い申し上げます。 「シャトー・レオヴィル・ラスカーズ」 レオヴィル・ラスカーズの格付けは2級ですが、最近では“2級であるが品質は1級に劣らない”とされるシャトーの総称として「スーパーセカンド」という言葉が聞かれるようになってきました。フランス革命の後、レオヴィル侯爵の所有していた1つの畑が売却や遺産相続で分断され、現在はラス・カーズ、ポワフェレ、バルトンと、3つのレオヴィルが存在しています。 ラベルには“Grand Vin de Leoville du Marquis de Las-Cases”と本家本元を誇っていて(ボルドーとしては珍しくシャトーを名乗っていません)、18世紀にサン ジュリアンだけでなくメドック中で最高の精力を誇った貴族の領地だったからなのです。畑はジロンド河を望む砂利層の土地にあって、ラトゥールと境を接しています。もともとの侯爵の領地の半分をこのラス カーズが占めていて、その敷地はサン ジュリアンの集落からラトゥールまで続いています。集落の南の入り口にあるもとの侯爵家のシャトーはラス・カーズとポワフェレの間で2等分され、左側がラス・カーズの物となっています。 《シャトー・レオヴィル・ラスカーズ》 サンジュリアンでも最も色が濃く、最も晩熟と評されています。最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっていますが、特徴的な豊かさ、深み、構造、全てのバランスがよく保たれた逸品です。 シャトーレオヴィルラスカーズ 2005 Chateau Leoville Las Cases 大人気,人気SALE

シャトーラヴィオレット 2005 Chateau La Violette 定番人気,新作登場

Vintage 2005年 生産者 ペレ=ヴェルジェ社 生産国 フランス/ボルドー/ポムロール 品 種 メルロー100% タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ラ・ヴィオレット」 トロタノワ、ペトリュス、レヴァンジル、ルパンに囲まれ、ポムロールの丘のほぼ頂上部分に位置する 僅か3.25haのシャトー・ラ・ヴィオレット。長い間そのポテンシャルの高さと生産量の 少なさ故、一部のマニアから『 伝説のワイン 』と噂されてきたシャトーです。 そのラ・ヴィオレットは2006年にカトリーヌ・ペレ・ヴェルジェが買取り、ミッシェル・ローランを コンサルタントに迎え、一気にカルトワインの地位を築きました。 今回は前オーナー、セルヴァン・デュマの 最後のヴィンテージにして 最高のヴィンテージ2005年 のご案内です。 《シャトー・ラ・ヴィオレット》 最高のヴィンテージ2005年です。ピュアで優しいメルロの果実味を感じることができるワインです。 シャトーラヴィオレット 2005 Chateau La Violette 定番人気,新作登場

シャトーランシュバージュ 1976 Chateau Lynch Bages SALE,人気SALE

Vintage 1976年 生産者 ランシュ家 生産国 フランス/ボルドー/ポイヤック 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン主体 タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ランシュ・バージュ」 18世紀にボルドーへ亡命してきたアイルランドの名門ランシュ家がオーナーになってこの名前がついています。第5級ながら現在の評価では第2級に値するといわれています。現在は、名醸造家として知られるジャン=ミッシェル・カーズ氏が所有するシャトーです。 【シャトー・ランシュ・バージュ】  1855年の格付けでは、最下層の五級に入れられたランシュ=バージュですが、今日この分野の専門家は、現在の品質がほとんど二級に匹敵すると言われています。安定した技術力を活かし、不作の年でも優れたワインを造り続けたという輝かしい歴史を持っており、ボルドーファンの注目を浴び続けています。 シャトーランシュバージュ 1976 Chateau Lynch Bages SALE,人気SALE

シャトーランシュバージュ 2011 Ch acirc;teau Lynch Bages 最安値,人気

Vintage2011年生産国フランス/ボルドー/ポイヤック生産者ミッシェル・カーズ氏品 種カベルネ・ソーヴィニヨン72% メルロ23% カベルネ・フラン3% プティ・ヴェルド2%タイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 シャトー・ランシュ・バージュ ムートンとラフィットに挟まれた絶好のロケーションに位置し 安定した品質に定評のあるシャトーです。 1855年の格付け時に5級だったにもかかわらず、ときに「スーパーセカンド」とも呼ばれるランシュ・バージュです。 畑は北側のムートン・ロスチャイルドとラフィット・ロスチャイルド、南側のピション・ラランドとピション・バロン、ラトゥールの中間にある抜群のポジションに位置しています。近年は毎年のように様々な評論家が高得点を連発しています。  ■ シャトー・ランシュ・バージュ “メドック格付け第五級” 2011年は過去2年のグレートヴィンテージと比べれば線の細いスタイルですが、力強いタンニンがあり、 新鮮でエレガントで、長期熟成能力も備えたワインを生み出すことが出来ました。熟した果実味が全面に出ており、ふくよかなタンニンがイキイキとした印象が伺えるワインです。 ■ 2011年 パーカーポイント 90 ポイント  Wine Advocate #212 (2014-04-30) シャトーランシュバージュ 2011 Ch acirc;teau Lynch Bages 最安値,人気

パヴィヨンルージュデュシャトーマルゴー 2004 Pavillon Rouge du Chateau Margaux 人気,爆買い

Vintage 2004年 生産者 メンツェロプロス家 生産国 フランス/ボルドー/マルゴー 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン メルロー カベルネ・フラン プチヴェルド タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー」 シャトー・マルゴーは、ジロンド県の県庁所在地ボルドーの北方、メドック地区マルゴー村にあります。マルゴー村はガロンヌ川河口部エスチュアリーの左岸に位置するワイン生産の好適地です。シャトーは262ヘクタールの敷地を有し、うちAOC認定の赤ワイン用ブドウの畑は87ヘクタールです。白ワイン用ブドウの畑も12ヘクタールありソーヴィニヨン・ブランが栽培されています。 シャトー・マルゴーの年間の生産量は約35万本で、第1級の名声に達しないと判断された赤ワインはセカンドラベルの「パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー」として販売されます。ソーヴィニヨン・ブランから造られる辛口の白「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」も年間約4万本生産されています。 かつてはカベルネ・ソーヴィニヨン75パーセントを主体に、メルロー20パーセント、プティ・ヴェルドとカベルネ・フラン5パーセントを基本的なブレンドの比率としていましたが、2000年前後からやや傾向が変わり、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を83パーセントから86パーセントまで引き上げ、代わりにメルローの比率を落としています。 《パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー》 暗く果実味の濃さが感じられる紫色を帯びた色調のガーネット色で、香りは、果実味の香りとヴァニラ香とバランスのとれた豊かな香りです。口に含むと、果実味の甘みはあまり感じられず、重厚なタンニンの渋みがあり、果実味の凝縮感が十分にあります。 パヴィヨンルージュデュシャトーマルゴー 2004 Pavillon Rouge du Chateau Margaux 人気,爆買い

ムートンカデ レゼルヴ グラーヴブラン 2013 Mouton Cadet Reseserve Graves Blanc お得,本物保証

Vintage 2013年 生産者 バロン・フィリップ・ロスチャイルド社 生産国 フランス/ボルドー/グラーヴ 品 種 セミヨン50% ソーヴィニヨン・ブラン40% ミュスカデル10% タイプ 白/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml ムートン・カデ ムートン・カデは、シャトー・ムートン・ロスチャイルドの精神を受け継ぐ、ムートン直系のブランドワインです。その始まりは遡ること80年前。 1930年、ブドウが不作となりシャトー・ムートン・ロスチャイルドを瓶詰めできなかったことから、そのブドウを使ったワイン、ムートン・カデが誕生しました。この判断を下したのは、シャトー・ムートン・ロスチャイルドに 様々な革新をもたらしたフィリップ・ド・ロスチャイルド男爵。彼が一族の末っ子(カデ)であったことと、ムートン直系のワインという意味を込めて、『ムートン・カデ』と名付けられました。以来、一貫して高いクオリティと時代に合った美味しさを追求しています。 《ムートン・カデ レゼルヴ グラーヴ・ブラン》 桃や柑橘類の果実のようなフルーティーな香りで、 新鮮な果実味といきいきした酸味が心地よい上質な白ワインです。自社畑のブドウのみから造られる本格派ワインです。 ムートンカデ レゼルヴ グラーヴブラン 2013 Mouton Cadet Reseserve Graves Blanc お得,本物保証

シャトージョルディ 1989 Chateau Jordi 定番人気,限定セール

Vintage 1989年 生産者 シャトー・ジョルディ 生産国 フランス/ボルドー/メドック/ムーリス 品 種 メルロ73% カベルネ・ソーヴィニヨン25% プティ・ヴェルド2% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ジョルディ」シャトー・ジョルディは ムーリスに古くからある小さなシャトーです。 中世から続く歴史ある葡萄園が元となっており、近年ムーリスのワインもカベルネ主体が多くなってきましたが、ジョルディは頑なにメルロ主体でのワイン造りを行っております。所有する畑は7haしかなく、しかも栽培されている約60%の葡萄は1920年と1944年の間に植樹されたものという古樹です。 収穫は全て手摘みで行われ、1980年代からボルドーやマコンのコンクールで金賞・銀賞を獲得するなど、その評価は昨日今日に築き上げられたものではありません。 ワインの熟成には、 オークの新樽(50%) と シャトー・ラトゥールで使われた樽(50%) を 半々に使用して熟成されます。 《シャトー・ジョルディ 1989》 熟成を感じさせる、オレンジがかったガーネット色で、紅茶や土、すいかの香りが印象的です。口に含むと、古酒らしい程よく枯れた感じもありながら、力強さも残っていて、しっかりした骨格と肉厚な部分も感じられます。余韻は長めで、アフターにはわずかにオレンジピールのような柑橘系のニュアンスも感じられます。時間の経過とともに徐々に変化が見られる。柔らかく丸みがあり、上品な印象は、美しく歳を重ねた女性を思わせます。この価格で古酒の何たるかを知るには、うってつけの一本です。 シャトージョルディ 1989 Chateau Jordi 定番人気,限定セール