ルイ ジャド

ルイジャド アロースコルトン ルージュ 2011 Louis Jadot Aloxe Corton Rouge 格安,得価

■ 商品画像は2001年を使用しています。 Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド アロース・コルトン ルージュ》 深い色合いで輝きがあります。 香りは小ぶりの果実(カシスやサクランボ)を思わせ、ワインが若い頃はスパイスやトリュフ、熟成するにつれ皮革の香りも感じられます。ワインはしっかりとして、上品、タンニンがやや多めです。 アロース・コルトンはコート・ド・ボーヌの北部にあります。北にペルナン・ベルジュレス村、北西にラドワ村、南東にサヴィニー・レ・ボーヌ村があります。畑は段状になっており、標高は250M~350Mで、東から、南または南東に向きで、太陽の恩恵を受けています。土壌は粘土-石灰質です。

ルイジャド アロースコルトン ルージュ 2011 Louis Jadot Aloxe Corton Rouge 格安,得価 —— 5,500円

ルイ ジャド

ルイジャド クロドラロッシュ グランクリュ 2007 Louis Jadot Cloe de La Roche Grand Cru 正規品,高品質

Vintage 2007年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド クロ・ド・ラ・ロッシュ グラン・クリュ》 グラン・クリュの中で最も骨格のしっかりしたワインが作り出されます。濃いルビー色が美しく、スミレとストロベリーを思わせる香りが印象的。品のある酸味が利いた風味豊かなワインです。

ルイジャド クロドラロッシュ グランクリュ 2007 Louis Jadot Cloe de La Roche Grand Cru 正規品,高品質 —— 20,500円

ルイ ジャド

ルイジャド コルトンシャルルマーニュ グランクリュ 2013 Louis Jadot Corton Charlemagne 人気定番,新作登場

Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ》 瓶詰めされる前に15ヶ月間、樽で醗酵・熟成されます。 毎年5,000~6,000本しか生産されない希少なワインです。 コルトン・シャルルマーニュは力強く、豊かで、ミネラル分が多く、果実と花を思わせる香りは芳醇で、コショウやシナモンのスパイシーな香りも感じられます。ヴィンテージによりますが、10~20年は熟成させることが出来ます。 コルトン・シャルルマーニュは、コート・ド・ボーヌの北の方、アロース・コルトンとペルナン・ヴェルジュレスの2つの村にまたがっています。この畑はルイ・ジャド社が19世紀から所有する最も古い畑の一つです。ワインは世界中で生産される白ワインのうち、最上級のワインの一つにあげられ、ルイ・ジャド社のコルトン・シャルルマーニュの評判は非常に素晴らしいものです。

ルイジャド コルトンシャルルマーニュ グランクリュ 2013 Louis Jadot Corton Charlemagne 人気定番,新作登場 —— 16,800円

ルイ ジャド

ルイジャド コルトンプジェ グランクリュ DHLJ 2013 Louis Jadot Corton Pougets Grand Cru 定番,SALE

■ 商品画像は2007年を使用しています。 Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド コルトン・プジェ グラン・クリュ DHLJ》 中位の濃さのブラックルビー色をし、縁は紫色がかっています。豊かで熟し甘く、ピノ・ノワールのブーケは濃く、深く、そしてベリー系フルーツと樽の風味があります。力強い構成と豊かな果実味のワインです。 シャルルマーニュの畑の軽く傾斜になった上部と接しています。「レ・プジェ”グラン・クリュ」の畑は、5つの畑に囲まれ、白亜質と鉄分豊富な泥灰土の両方の土質の特徴を兼ね備えています。

ルイジャド コルトンプジェ グランクリュ DHLJ 2013 Louis Jadot Corton Pougets Grand Cru 定番,SALE —— 10,900円

ルイ ジャド

ルイジャド コートドボーヌ ヴィラージュ 2013 Louis Jadot Cote de Beaune Villages 人気定番,品質保証

Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド コート・ド・ボーヌ ヴィラージュ》 ショレイ・レ・ボーヌ村、ラドワ村のブドウから造られ、樽(新樽ではない)で12ヶ月間熟成させます。赤い果実やさくらんぼのアロマ、若々しく、フルーティーなワインです。 コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュは、ブルゴーニュの地域AOCとクリュAOCの中間にある良質のワインです。このAOCは、4つの村(アロース・コルトン村、ボーヌ村、ポマール村、ヴォルネイ村)を除く、コート・ド・ボーヌ地域の全ての村のワインがこのAOCを名乗ることが出来ます。

ルイジャド コートドボーヌ ヴィラージュ 2013 Louis Jadot Cote de Beaune Villages 人気定番,品質保証 —— 2,800円

ルイ ジャド

ルイジャド サヴィニーレボーヌ プルミエクリュ “ラドミノード” ルージュ 2011 Louis Jadot Savigny les Beaune 1er Cru “La Dominode” Rouge 激安大特価,大人気

■ 商品画像は2008年を使用しています。 Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド サヴィニー・レ・ボーヌ プルミエ・クリュ “ラ・ドミノード” ルージュ》 鮮やかな赤いベリー系のフルーツと香りの良い洗練されたブーケがあります。大変魅力的で新鮮、酸味も心地よく、果実味豊かなワインです。赤身肉や白身肉、または鳥・猟肉類の軽めの料理と大変相性が良いです。 サヴィニー・レ・ボーヌはボーヌ北部にあり、アロース・コルトン村やボーヌ村に接しています。ルイ・ジャド社は、1989年に、すばらしい東向きの畑を手に入れました。その“ラ・ドミノード”畑は、村の南部にあり、ボーヌ村との境界に近いところにあります。土壌は砂利が多く、より上品なワインを産します。

ルイジャド サヴィニーレボーヌ プルミエクリュ “ラドミノード” ルージュ 2011 Louis Jadot Savigny les Beaune 1er Cru “La Dominode” Rouge 激安大特価,大人気 —— 4,100円

ルイ ジャド

ルイジャド シャンボールミュジニー 2010 Louis Jadot Chambolle Musigny 新作入荷,新品

Vintage 2010年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド シャンボール・ミュジニー》 ルイ・ジャド社のシャンボル・ミュジニーは、約3~4週間タンクで醗酵、その後、約12~15ヶ月間樫樽で熟成されます。色づきはとても良く、幾分スパイシーな香りと、よく熟した小ぶりの赤い果実の芳醇な香りを放ちます。ルイジャド社は、肉付きが豊かで、上品、またフィネスのあるシャンボル・ミュジニーを生産します。タンニンは目立つが、非常にこくがあり、上品なものです。酸味は少なく、肉付きの良さによって、抑えられています。そのヴィンテージと保存状況によって、8~12年は熟成することができるでしょう。 シャンボル・ミュジニーは面積が小さいにもかかわらず、大変名声の高い村です。その名声はワインの品質とプルミエ・クリュの評判の高さのおかげです。 土壌は石灰質で、砂利や小石の多さによって軽くされています。その影響は、シャンボル・ミュジニーの柔らかく、解け合わさったような構成に確かに出ています。畑は東‐南東向きです。

ルイジャド シャンボールミュジニー 2010 Louis Jadot Chambolle Musigny 新作入荷,新品 —— 6,300円

ルイ ジャド

ルイジャド ジュヴレシャンベルタン 2012 Louis Jadot Gevrey Chambertin 赤字超特価,100%新品

■ 商品画像は2008年を使用しています。 Vintage 2012年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ジュヴレ・シャンベルタン》 ジュブレ・シャンベルタンは、この村のワインの特長がよく生きたワインです。 深い色合いと、ベリーや赤い果実の多面的な香りを持ち、タンニンがしっかりしたフルボディで、まろやかな味わいが最後まで続くワインです。この力強く薫り高いワインは、子羊、ブフ・ブルギニヨン、ジビエのパテや強烈なチーズなど、味わい溢れる料理ととてもよく合うように出来ています。 ジュブレ・シャンベルタンはコート・ド・ニュイの代表的な村の内もっとも北に位置する村です。そこには8のグラン・クリュと26のプルミエ・クリュがあります。ルイ・ジャド社のジュブレ・シャンベルタンは、グラン・クリュやプルミエ・クリュの畑のある斜面に続く畑から収穫されたブドウより造られています。ジュブレ・シャンベルタン村にある畑は品質の個性に非常に差異があるため、生産者の名前が、他の村のワインに比べてワインの品質に特に重要な意味を持っています。

ルイジャド ジュヴレシャンベルタン 2012 Louis Jadot Gevrey Chambertin 赤字超特価,100%新品 —— 6,100円

ルイ ジャド

ルイジャド ニュイサンジョルジュ 2010 Louis Jadot Nuits Saint Georges 正規品,お買い得

■ 商品画像は2005年を使用しています。 Vintage 2010年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ニュイ・サン・ジョルジュ》 濃厚な色合いで、香り逞しく、よく熟れた、力強い果実の香りと、オークを感じるブーケを持っています。ニュイ サン・ジョルジュのワインはコート・ド・ニュイで最も逞しく、長命なワインを生産します。より北部の村のワインより、贅沢でなく、エレガントさが少なく、固めの、若いときには余り親しみにくいこのワインは、その中年期においてもフルボディでタニックな味わいを保ち続けます。ルイ・ジャド社ではこのようなクラッシクなスタイルのニュイ サン・ジョルジュを造ります。 ニュイ サン・ジョルジュのワインはニュイ サン・ジョルジュ村とプレモー・プリセー(Premeaux-Prissey)村にまたがる土地で生産されます。土壌は基本的に石灰岩と泥灰土によって構成されています。東向きの素晴らしい斜面の恩恵により、壮麗なワインを造り出すことが出来ます。

ルイジャド ニュイサンジョルジュ 2010 Louis Jadot Nuits Saint Georges 正規品,お買い得 —— 5,200円

ルイ ジャド

ルイジャド ポマール 2011 Louis Jadot Pommard 全国無料,豊富な

■ 商品画像は2008年を使用しています。 Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ポマール》 ルイ・ジャド社のポマールはしっかりとして、フルボディのワインですが、それでも非常に丸みを帯び、豊満で、柔らかく、果実味豊富な特長があり、香りはかすかにラズベリーを思わせます。 ポマールは、北にボーヌ村、南にヴォルネイ村の間にあり、畑の斜面は東南より南向きに面しています。かなり粘土質で覆われた、石灰質の土壌はポマールに独特の性格を与えています。複雑な色合い、深い赤‐黒色をしています。濃厚でさすようなカシス、麝香や猟禽肉類を思わせる香りもします。大変しっかりとしたワインで、最もタンニンの多い、骨格のしっかりとしたブルゴーニュ・ワインといえます。

ルイジャド ポマール 2011 Louis Jadot Pommard 全国無料,豊富な —— 5,400円

ルイ ジャド

ルイジャド マルサネ ルージュ 2013 Louis Jadot Marsannay Rouge 最新作,定番

■ 商品画像は2009年を使用しています。 Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド マルサネ ルージュ》 マルサネ村はコート・ドール県の北端、ディジョン市の郊外にあり、またジュヴレイ・シャンベルタン村からおよそ5km北にあります。1987年、マルサネ村はそのAOCを与えられ、赤・白・ロゼの3色のAOCを持つ唯一のVillage Appellation〔村名AOC〕となりました。 繊細なブーケは黒イチゴやプルーン、黒スグリと思われる香りがし、熟成するとムスク(麝香)の香りが表われます。このワインはタンニンが豊富でとても柔らかい味わいです。

ルイジャド マルサネ ルージュ 2013 Louis Jadot Marsannay Rouge 最新作,定番 —— 3,200円

ルイ ジャド

ルイジャド ロゼドマルサネ “ドメーヌクレールダュ” 2013 Louis Jadot Rose de MarsannayDomaine Clair Dau 最安値,最新作

■ 商品画像は2008年を使用しています。 Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ロゼ・ド・マルサネ “ドメーヌ・クレール・ダュ”》 爽やかさのすばらしいバランスを持ち、辛口のピノ・ノワールで、その土壌を思わせる香りがします。マルサネ・ロゼはピノ・ノワール100%のワインで、1919年にジョゼフ・クレール・ダユ氏によって造られました。その後、1987年にマルサネがAOCと認定され、赤・白・ロゼ3種類のワインが初めてAOCに認定された村です。マルサネ村はディジョン市の郊外にあたります。

ルイジャド ロゼドマルサネ “ドメーヌクレールダュ” 2013 Louis Jadot Rose de MarsannayDomaine Clair Dau 最安値,最新作 —— 2,400円

ルイ ジャド

ルイジャド ヴォルネイ プルミエクリュ “クロドラバール” 2012 Louis Jadot Pommard 爆買い,格安

Vintage 2012年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ヴォルネイ プルミエ・クリュ “クロ・ド・ラ・バール”》 バニラや小ぶりの果実、スミレの花の思わせる香りを持ち、果実味がある若いヴォルネイはローストされた肉や鶏肉の料理に非常に良く合います。 ヴォルネィ村はシェノの麓、そのブドウ畑を見下ろす愛らしい村です。南東から東向きのブドウ畑は日照時間に恵まれています。石灰性泥灰土の地層の上にあり、ポマールやムルソーと接している部分はジュラ紀バトニア時代の石灰性粘土の崩れ土になっています。ヴォルネィの中腹では起伏が140mに及び、赤褐色の泥土に覆われている鉄分を含む石灰質の地層が続いています。標高は230~370mです。

ルイジャド ヴォルネイ プルミエクリュ “クロドラバール” 2012 Louis Jadot Pommard 爆買い,格安 —— 7,500円

ルイ ジャド

ルイジャド ヴォーヌロマネ 2013 Louis Jadot Vosne Romanee 定番人気,HOT

Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ボーヌ プルミエ・クリュ “レ・ブシェロット”》 ルイ・ジャド家所有畑(DHL:ドメーヌ・デ・エリティエ・ルイ・ジャド)からは、香り豊かで、フルボディのワインを造り出します。それは、かなりしっかりした構成と、豊かなフルーツのまるみによって和らげられた複雑さと、丸々として華やかな舌触りです。 コート・ド・ボーヌ地域の最も広大なAOCであるボーヌのブドウ畑は、北にAOCサヴィニー・レ・ボーヌと南はAOCポマールにはさまれています。このAOCボーヌにはグラン・クリュはないが36の多様なプルミエ・クリュがあります。ブシェロットはわずかに0.21haしかなく、一般的にAOCボーヌの中で10のプルミエ・クリュの中に入ると認められています。南の方にある畑のワインは特徴として上品で柔かいワインを産出するが、ブシェロットではその深い粘土質土壌がワインにみずみずしい印象を与えます。

ルイジャド ヴォーヌロマネ 2013 Louis Jadot Vosne Romanee 定番人気,HOT —— 6,600円

ルイ ジャド

ルイジャドサンタムール “セリエデクロ” 2012 Louis Jadot Saint Amour “Cellier des Clos” 人気SALE,2017

Vintage 2012年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ガメイ タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド サンタ・ムール “セリエ・デ・クロ”》 濃いルビー色。牡丹、イチゴ、時にはキルシュや、スパイシーな香りも感じられます。口当たりが良く、絹のような舌触りです。あまりのワインの柔らかさに、その味わいがきっと心に残ることでしょう。 ドメーヌ・デ・クロの畑はジュリエナ村に近いベッシ村の丘の麓と、サン・タムール村の丘の中腹に位置します。この小さなドメーヌはブドウ栽培者1人で経営され、4.5haの畑を所有しています。Saint-Amourとは゛聖なる愛゛という意味です。

ルイジャドサンタムール “セリエデクロ” 2012 Louis Jadot Saint Amour “Cellier des Clos” 人気SALE,2017 —— 2,500円

ルイ ジャド

ルイジャドサントネー “クロドマルト” ブラン 2011 Louis Jadot Santenay “Clos de Malte” Blanc 豊富な,格安

Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド サントネー “クロ・ド・マルト” ブラン》 樽醗酵され、その後14ヶ月間樽で熟成されます。クロ・ド・マルト ブランは、ミネラル分があり、また白い果肉のある果物を思わせるような香りを放ちます。良い骨格を持ち、そのため心地良く熟成させることができます。サントネーはゆっくり熟成し、構成されていくワインです。保存状況が良いと、普通のヴィンテージでは5~10年、偉大なヴィンテージは約20年間熟成させることができます。 サントネー村はコート・ド・ボーヌの南部にあり、北にシャサーニュ・モンラッシェ村があります。7haのクロ・ド・マルトはルイジャド社のモノポール(独占畑)で、《Sous la Fee(妖精の下)》と呼ばれる“クリマ”の中にあります。クロ・ド・マルト畑の内、6haはピノ・ノワール種でルージュを生産、1haはシャルドネ種でブランを生産しています。サントネーの白はとても希少なワインです。村の高い部分には石灰質の湧き水がよく見られ、良く灌漑されています。土壌は粘土‐石灰質です。《トロワ・クロワ》という山の麓の小さい谷間にあり、非常に日照量が多く、風から守られています。ルイ・ジャド社では1993年から所有しています。

ルイジャドサントネー “クロドマルト” ブラン 2011 Louis Jadot Santenay “Clos de Malte” Blanc 豊富な,格安 —— 4,900円

ルイ ジャド

ルイジャドサントーバンブラン 2012 Louis Jadot Saint Aubin Blanc 新作,SALE

Vintage 2012年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド マコン・ヴィラージュ サントーバン・ブラン》 ヘーゼルナッツや心地良い桃を思わせる香りがはっきりと感じられます。バランスの取れた酸味、こく、ワインの特質である熟した果実のしなやかなエキス分が調和しています。長い余韻の終わりにはすっきりとした柔らかなオークの風味が残ります。

ルイジャドサントーバンブラン 2012 Louis Jadot Saint Aubin Blanc 新作,SALE —— 3,600円

ルイ ジャド

ルイジャドサンヴェラン 2013 Louis Jadot Saint Veran 新品,限定セール

Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド サン・ヴェラン》 果実味を保つため、瓶詰めはかなり早めに行わます。花の香りが特徴的で、菩提樹や、蜂蜜、かすかにスパイスや、焼いたパンの香りを思わせます。柔らかな果実味の中にシャキッとした酸味と苦みが心地良く感じられます。3~8年は熟成・保存させることができます。 サン・ヴェランはブルゴーニュ南部のワインの中で“上品な花”といわれています。マコネ地区のすばらしい白ワインを産する畑の中心にあるミリー・ラマルティヌ道路を通ると、サン・ヴェラン村を見つけることができます。《ドメーヌ・ド・クーリ》はソリュトレの丘の裏側の緩やかな傾斜にあり、AOCプイィ・フュイッセに接しています。 土壌はジュラ紀の粘土‐石灰岩質で、それがシャルドネ種を最良に熟させることができます。

ルイジャドサンヴェラン 2013 Louis Jadot Saint Veran 新品,限定セール —— 2,500円

ルイ ジャド

ルイジャドシャサーニュモンラッシェ ルージュ 2011 Louis Jadot Chassagne Montrachet Rouge 豊富な,低価

■ 商品画像は2007年を使用しています。 Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド シャサーニュ・モンラッシェ ルージュ》 キルシュまたはさくらんぼ、カシスの香りと言ったクラッシクな香りがします。シャサーニュ・モンラッシェ ルージュはとても深い色をしており、力強く、コクがあります。そのボディは“コート ド ニュイ”のワインに非常に類似していることもあります。 シャサーニュ・モンラッシェはコート ド ボーヌの南部にある小さな村です。赤ワイン用のピノ・ノワールは主に石灰質泥灰土の畑で栽培されています。畑の標高は220m~340mで斜面は東から南東の方向に向かっています。

ルイジャドシャサーニュモンラッシェ ルージュ 2011 Louis Jadot Chassagne Montrachet Rouge 豊富な,低価 —— 4,500円

ルイ ジャド

ルイジャドシャブリ “セリエドラサブリエール” 2014 Louis Jadot Chablis “Cellier de la Sabliere” 限定SALE,品質保証

Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド シャブリ “セリエ・ド・ラ・サブリエール”》 土壌はシャブリのワインを特長的なものにする、石灰質の泥灰土質(キンメリジャン)です。シャブリ“ラ・サブリエール”はステンレスタンクで発酵され、その後数ヶ月間熟成されます。グレープフルーツ等の新鮮な柑橘系の果実や白い花を思わせる香りがします。果実味のある、心地よい酸味が特徴です。若いうちに飲まれると酸味が心地良いが、5年間は容易に熟成させることができます。

ルイジャドシャブリ “セリエドラサブリエール” 2014 Louis Jadot Chablis “Cellier de la Sabliere” 限定SALE,品質保証 —— 2,600円

ルイ ジャド

ルイジャドシャブリプルミエクリュ “フルショーム” 2013 Louis Jadot Chablis 1er Cru “Fourchaume” 爆買い,セール

■ 商品画像は2011年を使用しています。 Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド シャブリ・プルミエ・クリュ “フルショーム”》 土壌はシャブリのワインを特長的なものにする、石灰質の泥灰土質(キンメリジャン)です。ステンレスタンクで発酵され、その後数ヶ月間熟成されます。透明度があり、輝きのあるイエローです。グレープフルーツや洋ナシ等のさわやかな果実や、白桃などの甘みを感じさせるような熟した果実の香りです。またスパイスや、ミネラルなどの香りで、ふくよかに感じられます。深みのある味わいです。生き生きとした、しっかりとした酸味がありながら、ふくよかな果実味がボリューム感を生み出しています。果実味にとけこんだ苦味が、余韻に心地よい印象を与えます。良好な年となれば10年、偉大な年となればさらに10年以上熟成させることができます。 シャブリはブルゴーニュ地方の北部にあり、ディジョンとパリの行程のちょうど真ん中に位置します。 大陸性気候と泥灰土‐石灰岩土壌がうまく組み合わさり、シャブリの特徴的な性格を形成しています。約720haあるプルミエ・クリュ畑にはシャルドネ種が100%植えられています。プルミエ・クリュは40畑あります。フルショームはシャブリ・プルミエ・クリュの中で最も高品質なワインのひとつです。

ルイジャドシャブリプルミエクリュ “フルショーム” 2013 Louis Jadot Chablis 1er Cru “Fourchaume” 爆買い,セール —— 4,600円

ルイ ジャド

ルイジャドジヴリールージュ 2011 Louis Jadot Givry Rouge 低価,お買い得

■ 商品画像は2007年を使用しています。 Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ジヴリー・ルージュ》 純粋な味わい、豊かでバランスに優れています。温かみがあって、生き生きとしたフルボディな特長を持っています。 ヘンリー4世が愛したワインと言う事で知られているジヴリーのワインはジヴリー村とポンセイ、コルティアンブル、リュシリーの小村落のみに限定される非常に狭い地域から生産されています。ジュラ紀の泥灰土が風化した石灰岩性の茶色の土壌からなり、そのためジヴリーのワインはヴォルネイと良く比較されます。 。

ルイジャドジヴリールージュ 2011 Louis Jadot Givry Rouge 低価,お買い得 —— 3,000円

ルイ ジャド

ルイジャドバタールモンラッシェ グランクリュ 2010 Louis Jadot Batard Montrachet Grand Cru 大得価,限定セール

Vintage 2010年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド バタール・モンラッシェ グラン・クリュ》 オーク樽で発酵され、瓶詰め前に15ヶ月間熟成されます。アーモンド、熟したリンゴ、白い花、蜂蜜の濃厚な香りを持っています。フル・ボディ、芳醇でパワフルです。余韻の長さは驚くものがあります。 バタール・モンラッシェ畑はピュリニーとシャサーニュの両村にまたがっています。偉大なモンラッシェの畑の南に位置し、有名な5つのグラン・クリュの中で最大の面積を有しています。畑は南東に面した石灰質土壌です。

ルイジャドバタールモンラッシェ グランクリュ 2010 Louis Jadot Batard Montrachet Grand Cru 大得価,限定セール —— 27,300円

ルイ ジャド

ルイジャドブルゴーニュ ブラン “クーヴァンデジャコバン” 2014 Louis Jadot Bourgogne Blanc “Couvent des Jacobins” 大得価,お得

■ 商品画像は2010年を使用しています。 Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ブルゴーニュ ブラン “クーヴァン・デ・ジャコバン”》 優良な栽培家と長期的な契約を結び、ヴィンテージごとに最適なブドウやワインを確保するようにつとめています。ステンレスタンクによる発酵と木樽による熟成が行われています。マロラクティック発酵を完全には行わず、適正な酸味を保ちます。フルーティーでエレガント。新鮮な果実の洋なしやグレープフルーツや、薫り高い花の香りを持っています。心地よい酸味とまろやかさで調和のとれた口当たりです。美しい余韻が楽しめます。マコン産のブドウが果実味を、コート・ドール産のブドウから骨格と熟成の可能性をワインに与えます。比較的早くから楽しめるようになりますが、収穫から5年間、または、ヴィンテージによってはそれ以上の間楽しめます。

ルイジャドブルゴーニュ ブラン “クーヴァンデジャコバン” 2014 Louis Jadot Bourgogne Blanc “Couvent des Jacobins” 大得価,お得 —— 2,000円