ロベール アルヌー

ロベールアルヌーヴォーヌロマネ レショーム 2007 Domaine Rovert ArnouxVosne Romanee 1er Cru“Les Chaumes“ 安い,品質保証

Vintage 2007年 生産者 ロベール・アルヌー 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ロベール・アルヌー」 ドメーヌ・ロベール・アルヌーは、 『小さなロマネ・コンティ』 と評され、古くから傑出したドメーヌです。 ヴォーヌ・ロマネ村で200年以上に渡って5代続くドメーヌです。ロベール・アルヌー(1995年没)の娘婿にあたるパスカルラショー氏がワインづくりの責任者となって以来、劇的に品質が向上し、高い評価を得ています。ワインづくりの信念は、畑では綿密な作業を心がけテロワールを尊重すること、醸造ではピノ・ノワールの良さを引き出すことで、果実味とエレガンスさを求めるワインを目指しています。 ■ ワインづくり 栽培方法はリュット・レゾネからビオロジックに移行しています。 厳しい剪定とグリーン・ハーヴェストを行うことによって、凝縮度の高い葡萄を収穫しており、高い品質・評価の基盤となっています。 収穫された葡萄は100%除梗の後、主発酵に移り、発酵は自然酵母により、赤い果実の風味を大切にするため発酵温度は通常は24~29℃と低めに設定されています。 その後、中程度にローストされた樽で、村名クラスで25~30%、1級で40~60%、エシェゾーとクロヴージョで約70%、ロマネサンヴィヴァンは100%の新樽比率で16ー18ヶ月熟成されます。 ワインは清澄・ろ過されずに瓶詰めされます。 【ピノ・ファン】 アルヌーと言えば、ピノ・ノワールの原種に近い伝統的なピノ・ノワール(ピノ・ファン)の栽培者としても知られています。 ピノ・ノワールの原種に近い、小粒で収量の少ない、凝縮したぶどうになる品種。ロマネ・サン・ヴィヴァンの畑からセレクションマッサルでつくられ、DRCのドヴィレーヌ氏をリーダーとしたグループを主導に、植え替えが進められています。ドメーヌ・ロベール・アルヌーの畑でピノファンで作られるのはロマネ・サン・ヴィヴァン、レスショ、N-S-G レポワゼ、ブルゴーニュACです。 《ロベール・アルヌー ヴォーヌ・ロマネ レ・ショーム》 グリオットのような赤系果実のアロマをたっぷりと醸し出し、穏やかなタンニンと樽からくる香ばしさがあり、エレガンスとフィネスさを兼ね備えたワインです。

ロベールアルヌーヴォーヌロマネ レショーム 2007 Domaine Rovert ArnouxVosne Romanee 1er Cru“Les Chaumes“ 安い,品質保証 —— 7,100円

ロベール アルヌー

ロベールアルヌーヴォーヌロマネ レスショ 2007 Domaine Rovert ArnouxVosne Romanee 1er Cru “Les Suchots“ 最新作,セール

Vintage 2007年 生産者 ロベール・アルヌー 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ロベール・アルヌー」 ドメーヌ・ロベール・アルヌーは、 『小さなロマネ・コンティ』 と評され、古くから傑出したドメーヌです。 ヴォーヌ・ロマネ村で200年以上に渡って5代続くドメーヌです。ロベール・アルヌー(1995年没)の娘婿にあたるパスカルラショー氏がワインづくりの責任者となって以来、劇的に品質が向上し、高い評価を得ています。ワインづくりの信念は、畑では綿密な作業を心がけテロワールを尊重すること、醸造ではピノ・ノワールの良さを引き出すことで、果実味とエレガンスさを求めるワインを目指しています。 ■ ワインづくり 栽培方法はリュット・レゾネからビオロジックに移行しています。 厳しい剪定とグリーン・ハーヴェストを行うことによって、凝縮度の高い葡萄を収穫しており、高い品質・評価の基盤となっています。 収穫された葡萄は100%除梗の後、主発酵に移り、発酵は自然酵母により、赤い果実の風味を大切にするため発酵温度は通常は24~29℃と低めに設定されています。 その後、中程度にローストされた樽で、村名クラスで25~30%、1級で40~60%、エシェゾーとクロヴージョで約70%、ロマネサンヴィヴァンは100%の新樽比率で16ー18ヶ月熟成されます。 ワインは清澄・ろ過されずに瓶詰めされます。 【ピノ・ファン】 アルヌーと言えば、ピノ・ノワールの原種に近い伝統的なピノ・ノワール(ピノ・ファン)の栽培者としても知られています。 ピノ・ノワールの原種に近い、小粒で収量の少ない、凝縮したぶどうになる品種。ロマネ・サン・ヴィヴァンの畑からセレクションマッサルでつくられ、DRCのドヴィレーヌ氏をリーダーとしたグループを主導に、植え替えが進められています。ドメーヌ・ロベール・アルヌーの畑でピノファンで作られるのはロマネ・サン・ヴィヴァン、レスショ、N-S-G レポワゼ、ブルゴーニュACです。 《ロベール・アルヌー ヴォーヌ・ロマネ レ・スショ》 スショの中でも、「グランスショ」(あるいは「オースショ」)と呼ばれる区画はINAOの格付け以前はグランクリュに相当する評価を受けていました。現在は、ドメーヌ・ロベール・アルヌーを含む3生産者が所有しています。その内アルヌーは、0.5haを所有しています。グランクリュのロマネ・サン・ヴィヴァンに隣接する畑で、石灰質土壌に由来する繊細なテロワールを持つことで知られています。ピノファンの樹齢の高い株からつくられている自慢の逸品ワインはきれいな果実の充実感にあふれ、気品に満ちています。ドメーヌのフラッグシップワインとも言えるワインです。

ロベールアルヌーヴォーヌロマネ レスショ 2007 Domaine Rovert ArnouxVosne Romanee 1er Cru “Les Suchots“ 最新作,セール —— 10,900円