Ch.ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 2012 Chateau Lafite Rothschild SALE,HOT

Vintage 2012年 生産者 ロスチャイルド家 生産国 フランス/ボルドー/ポイヤック 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン70% メルロー25% カベルネ・フラン3% プティ・ヴェルド2% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ラフィット・ロートシルト」 1855年のパリ万博に際して行われた公式格付けでグラン・クリュ第1級の筆頭にランクされたのがシャトー・ラフィットでした。以来、新しい格付けの試みも幾度か行われはしたものの、シャトー・ラフィット・ロートシルトの王座は一度として揺らいだことはありません。ラフィットは幾多の変遷を経て競売に付されることになり、1868年、現在のロスチャイルド家が落札し所有者となりました。ロスチャイルド家は、1975年以降、フランスのワイン醸造技術の第一人者ペイノー博士をコンサルタントに迎えるなど、このシャトーの歴史と伝統にあまんじることなく、葡萄園とそのワインにさらに磨きをかけ続けています。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、ボルドーの北西メドック地区の高名なワイン生産地ポーイヤック村の北端に位置し、シャトーの敷地面積は123ヘクタールで、うち100ヘクタールがブドウ畑となっています。品種別の作付面積は、カベルネ・ソーヴィニョンが70%、メルローが25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2%です。ワインの生産量は年間3万5,000ケース(42万本)で、うち1万5,000から2万5,000ケースがメドック第1級格付けの赤ワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」として出荷されます。ワインのブレンド比率は、80%から95%がカベルネ・ソーヴィニョン、5%から20%がメルロー、3%前後がカベルネ・フランとプティ・ヴェルドとなっています。ブレンド比率はその年のブドウの出来具合によって変わります。 《シャトー・ラフィット・ロートシルト》 メドック地区四大シャトーのひとつで、いつの時代もメドック地区、強いては、ボルドー・ワインの筆頭として君臨しています。また、醸造にかけては頑なに伝統が守られています。葡萄は発酵を終えたのち、すべて自家製の新樽に入れて熟成されます。新樽を使うことにより、オークの樽材から、さまざまなニュアンスがワインの中に溶け込み、エレガントな香り、味わいが感じられます。まさしく、繊細な複雑さをもった貴婦人と呼ぶにふさわしいワインです。

シャトーラフィットロートシルト 2012 Chateau Lafite Rothschild SALE,HOT —— 41,800円

Ch.ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 2013 Chateau Lafite Rothschild 最新作,2017

Vintage 2013年 生産者 ロスチャイルド家 生産国 フランス/ボルドー/ポイヤック 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン70% メルロー25% カベルネ・フラン3% プティ・ヴェルド2% タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ラフィット・ロートシルト」 1855年のパリ万博に際して行われた公式格付けでグラン・クリュ第1級の筆頭にランクされたのがシャトー・ラフィットでした。以来、新しい格付けの試みも幾度か行われはしたものの、シャトー・ラフィット・ロートシルトの王座は一度として揺らいだことはありません。ラフィットは幾多の変遷を経て競売に付されることになり、1868年、現在のロスチャイルド家が落札し所有者となりました。ロスチャイルド家は、1975年以降、フランスのワイン醸造技術の第一人者ペイノー博士をコンサルタントに迎えるなど、このシャトーの歴史と伝統にあまんじることなく、葡萄園とそのワインにさらに磨きをかけ続けています。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、ボルドーの北西メドック地区の高名なワイン生産地ポーイヤック村の北端に位置し、シャトーの敷地面積は123ヘクタールで、うち100ヘクタールがブドウ畑となっています。品種別の作付面積は、カベルネ・ソーヴィニョンが70%、メルローが25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2%です。ワインの生産量は年間3万5,000ケース(42万本)で、うち1万5,000から2万5,000ケースがメドック第1級格付けの赤ワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」として出荷されます。ワインのブレンド比率は、80%から95%がカベルネ・ソーヴィニョン、5%から20%がメルロー、3%前後がカベルネ・フランとプティ・ヴェルドとなっています。ブレンド比率はその年のブドウの出来具合によって変わります。 《シャトー・ラフィット・ロートシルト》  メドック地区四大シャトーのひとつで、いつの時代もメドック地区、強いては、ボルドー・ワインの筆頭として君臨しています。また、醸造にかけては頑なに伝統が守られています。葡萄は発酵を終えたのち、すべて自家製の新樽に入れて熟成されます。新樽を使うことにより、オークの樽材から、さまざまなニュアンスがワインの中に溶け込み、エレガントな香り、味わいが感じられます。まさしく、繊細な複雑さをもった貴婦人と呼ぶにふさわしいワインです。

シャトーラフィットロートシルト 2013 Chateau Lafite Rothschild 最新作,2017 —— 36,100円